はなまるうどんでアルバイトをしてみたいのですが、迷っています

アルバイトをさがしているのですが、友達がはなまるうどんでアルバイトの募集をしていると教えてくれました。
時給も希望より少し高いので、はなまるうどんでやってみようかと思うのですが、まだ応募の連絡をしていません。
別の友達から聞いたら、ハンバーガーショップや牛丼チェーンなど、チェーンやフランチャイズのフード系は、大きな声が出せないとアルバイトとして雇ってもらえないと言うのです。
そうなると自分にはちょっと難しい気もします。
声が小さいんです。


子どもの頃から、よく人から話を聞き直されたりしていました。
「お名前は。
」を聞かれて答えても、「え。
」と聞き直されます。
それで一生懸命に大きな声を出してもまた「もう一度」、とか言われます。
小学校や中学校、高校の時にも、先生から指されて小多様としても声が届かず、何度も聞き直されました。
これは本人にとって重大な悩みだったんです。
歌を歌うことが特別に好きというわけではありませんが、一度発声の専門スクールにも通おうかと本気で考えたこともありました。


はなまるうどんは美味しいです。
それにお店の人はみんな感じがいいです。
食べに行くと、大きな声で挨拶してくれて、こっちまで元気な気持ちになれます。
ということは、自分がもしはなまるうどんでアルバイトをしたら、こういう大きくて元気な声を出さないといけないということですよね。
そこが一番心配です。
でも友達がせっかく教えてくれたし、美味しくて大好きなはなまるうどんのアルバイトはやっぱり捨てがたい感じがします。

マンション経営で有意義に生活したいと思っております

私は、マンション経営をしたいと思っております。
今までコツコツ貯めてきたお金があり、そのお金を頭金にしてマンション経営をして、収入を得たいと考えました。
マンション経営といっても、1棟まるまるではなく、マンションの1室を購入しようと思っております。
駅前に新築のマンションができ、気になる物件がありましたので、そのマンションを一度見たいと思っておりました。


どうせ買うなら、新築のマンションにした方が、収入につながるし、駅前という好立地条件で借りる人も多くいるはずじゃないかと考えました。
マンション経営をすると、税金対策にもなるそうなので、毎月の家賃収入でローン返済をし、税金対策にもなれば、それで自分は良いかなと考えました。
http://mansionkeiei.jp/

マンション経営でローンを組んでも、保険がかけられるので、もし自分達が死んだ後でも、親や兄弟には迷惑をかけないですむという話しらしいです。
自分が手をだした、ビジネスで、家族に迷惑をかけることだけは、絶対にいやです。
それだけは、避けなくてはいけないと思います。
空室を出さないというのが、一番大事な事だと思います。
空室にしないため、メンテナンスをしっかりして、住みやすい環境作りを、常に気遣うというのが大きなポイントになると思います。
老後は、ローンがなくなり、家賃収入で生活ができるくらいになれば良いなと考えております。
そう上手くはいかないと思いますが、これで自分をためしたい気持ちでいっぱいです。

宝くじに当選してマンション経営したい

宝くじに当選して大金を手に入れたら何をするか、というのは人それぞれだと思う。

旅行をするとか、趣味や習い事に使うとか、家を買うとか、運用してさらに額を増やすとかいろいろあるだろう。

私の場合は宝くじに当選したら、マンションを購入してマンション経営をしたいと考えている。

お金というものは、いくらあっても、使ってばかりでは最終的にはなくなってしまうものである。

宝くじに当選して金銭感覚がおかしくなり、たった数年で9割がた使い果たしてしまったという人もいるそうだ。


しかし、マンション経営の場合、最初のマンション購入費は大変お金がかかるが、後は月々、入居者から家賃を得られる。

上記のように9割がたのお金をマンション購入に費やしたとしても、後の数十年は安定した収入が見込まれるわけだ。

月々、決まった額の収入があるということは普通に仕事をしているのと同じなので、急に大金を得他場合と比べて、金銭感覚がおかしくなることも少ないだろうと思う。

常に手元にあるお金は限られているので、無駄に使うことがなくなるわけだ。


お金というのは恐ろしいもので、宝くじに当選して一般人からすると途方も無い大金を得たとしても、もっともっと欲しいと思ってしまうらしい。

人間の欲望と一緒で、際限がなくなるわけだ。

大金を得て逆に不幸になった人も少なくないそうだ。

貧乏人の私は、そういったお金の魔力に対する免疫が無いので、マンション経営のような安定したお金の使い方をしたほうが良いと思うのだ。

といろいろ考えたが、実際はマンションを購入するお金がないので実現の可能性は低いわけだが。

上昇し続けるお墓の値段と下降する人口

先日、階下に住んでいるお年寄りと話をした時のこと。その年寄りは故郷を捨てて、この土地へ移住するときに家の土地を売ってきたそうです。ところが、お墓の土地を購入した値段と比較すると、家の土地の値段の方がはるかに安かったと言うのです。お年寄りは大笑いしながら、変な時代になったものだと半ば訝しんでいました。これが高齢化社会というものかと思いながら、私がお墓に入るころは逆にお墓の数と人間の数が逆転するのではないかと不安になりました。

高度経済成長期の日本はとても、活気があり人口も右肩上がりで増えていきました。日本の人口がいつかは減るとはその頃、誰も予想していなかったことでしょう。人口が減るということは、出生率も低下することであり、負の連鎖がどこまでも続くと言っても過言ではないと思います。子供の数が減ると労働人口も減るので経済活動は明らかに打撃を受けてしまいます。これからの日本のことを考えるとお墓の話から始まったことですが、笑ってはいられません。

お墓の数はこれからも増えていくことでしょう。お墓が増えることでお墓の値段も上昇し続けるのだと思います。そしてわたしたちはこれから、お墓の数に負けないくらい子供を増やしていかなければならないのです。子供をもつ女性が働きやすい社会を作り上げていくことはとても大切だと思います。それ以上に男性が子供を育てることがもう少し認知されても良いはず。皆が大切に慈しみ育てていくことは、必ず明日の日本のためになると確信しています。

会社や商品の命は、ロゴ作成にかかっているかもしれません。

コンピューターの進歩やインターネットの普及に伴い、会社や商品のロゴを目にする機会が増えたように思います。

インターネットがない頃は、わざわざどんな会社なのか調べたり、バナー広告のようなちょっとしたPR広告をそれほど見る機会は無かったように思います。

仕事がら接続しない日はないと言うくらい、インターネットを利用しているので、その分バナー広告を目にします。

中には、インパクトのあるロゴを見て、思わずクリックしてしまう時もあります。

会社や商品の顔となるロゴ作成は、世に広める為に重要かも知れません。




いくつか記憶に残るロゴがあります。

テレビのCMやインターネットのバナー広告で目にしたものです。

最近の広告は、会社だけではなく商品や作品のひとつひとつにロゴ作成をする傾向があるように感じます。

その方がユーザーにとって親しみやすく、記憶に残ると思います。

ロゴを見続けるうちに、番組の提供を伝える一瞬でも商品ロゴを目にするだけで、何の商品か分かるようになるものです。

それだけロゴには、インパクトが求められるのかも知れません。




ロゴはシンプルなものが多いように思います。

しかし、そのわずかな文字や形だけで、デザインし表現しなければならないので、発想が大事だと思います。

ひとつのロゴ作成に対し何十、または何百というロゴの提案をしなければならないのですから、デザイナーも大変だと思います。

会社や商品の顔となるものなので、その重要性も分かります。

インパクトがありユーザーの記憶に残れば、その会社や商品は、成功したことになるでしょう。

ロゴは顔と言う例えどおり、良いアイディアのロゴは、記憶に残るものです。

会社契約のマンスリーマンション

20年前まではも大手企業の営業所や支店の看板が掲げられて、オフィス街としてにぎわっていた場所が今は、空きビルや空き事務所ばかりで閑散とした地域になっている。
そんな場所にここ最近代わりに増えてているのがビジネスホテルとマンスリーマンション等である。
次々と建てられているの、入居者や宿泊客がいるのだろうかと心配になるほどの数だった。
宿泊施設が増えた理由は大手企業の支社や営業所の撤退というのが根本にある。

事務所を撤退をしても大手企業の仕事がこの町から消えたわけではない。
企業にとって利益になる仕事人が住んでいる限りまだまだあるのだ。
しかし、事務所などを大々的に構えると建物の維持費や人件費が利益の障害になる。
そこで事務所は無くし、人だけ残すという方式に移行したのである。
長期出張という形にし、会社で借り上げたマンスリーマンションに住み、電話転送で仕事を受けるのである。
マンスリーマンションは住居兼事務所ということでふえているのだ。

新しく建てられたマンスリーマンションには、空室というのはあまりない。
ほとんどが埋まっている。
個人契約というより、会社契約が大半なので空き部屋があるということがないだ。
マンスリーマンションを貸し出す業者は、会社契約だと多少割引があるとしても、家賃未納ということは避けられる。
借りる会社としては、出張扱いなので、単身者用の住居を用意すればいいだけなので社宅を借り上げるより、コストを大幅に削減できる。
お互い損をしないシステムになっているのだ。

通販でなぜか手に入れることが出来た幻の焼酎

焼酎にはブランドと言われるものがいくつもありますが、その中でも世の中にあまり知られていないのですが、焼酎好きの中では幻の一品と言われているものがあります。

私は焼酎を愛していますが、この幻の一品を口にしたことは一度もありません。

値段うんぬんの前に幻と言われるだけあって、極一部の人にしか行きわたらない、年間生産量100本という超レアな商品だからです。

この焼酎が、なんと私の口に入ることが叶いました。

理由は通販の宝くじです。


通販はいまでは一般のお店と同じような品揃えをしているところもあるぐらい、活発な商業形態です。

世の中の小売店、デパートなどの大型店などでは福袋などというものが幅をきかせていますが、通販の世界ではこの福袋は宝くじのようなものです。

対面式の店舗ならば中身が見えなくとも袋の形状で若干わかることもありますし、袋の口が開けられていることもあります。

それが通販では出来ませんので、通販の福袋は宝くじと同じようなものではないでしょうか。


その宝くじに含まれていたのが焼酎です。

まさか通販のお正月企画のセットの中に焼酎が入っているなど思いもしませんでした。

きっとその焼酎を手にいれたけれど、実はそれほど焼酎が好きでなかった人がそのセットを作ったのでしょう。

経緯はどうあれ、ラッキーなのは私です。

まさかあの幻の焼酎を、お遊びで買った通販の宝くじで当たるなんて。

焼酎愛好家に話したところでまさか信じてはもらえないでしょう。

この話で当分皆をうらやましがらせたいと思っています。

保育士の資格を説く親父のうれしそうな表情を、赤ちょうちんの灯がやさしく包む

夕闇の赤ちょうちんで、職場では老兵とささやかれている同僚2人と、適度に軽い飲み会を催す。
この1年弱の間にそんな習慣が身についた。
それ以前は、管理職者が3人揃って居酒屋で並ぶ時間などあり得なかったものだが。
サラリーマン3年目で主任になれた息子自慢の話、2人目の孫が生まれて、今度も男でややがっかりの話、保育士の資格をもつ娘が、それを活かせる職場に転職が決まった話などと、仕事仲間とはいえ業務と無関係な、それぞれの身内の話題が楽しい。
保育士の資格話しに、もう一人が身を乗り出した。
彼は初孫を保育園に送った義娘に批判がましいのだが、理由は保母さん(かつては確かにそう呼んでいた)のマニュアル的対応への不満だと言う。
「そんなことはないぞ、いまどきは俺たちの頃と違って、しっかりしているぞ」と、俺たちの頃の保母さんはしっかりしていなかったかのような。
以下は保育士の親父の受け売りになるが、まず資格試験がむずかしい。
1回の受験で科目のすべてを取得しなくても良いものの、平均の合格率は1割台だそうだ。
男女ともにやる気がある、だから辞めない。
辞めないから就職も関門が狭い。
それに預ける親もキャリアを積んだ働き人が多く、保育士への意識や資格保持への評価も高いとのこと。
聴きながら昔だってそんな感じだがなあと思うも、娘の仕事だけに語り手は鼻息が荒い。
「そうか、うちの息子の嫁さんもキャリアレディだしなあ」とちょっかいを出した側がやや萎む。
この手の話しは互いに放逐し合わななければ溜まる一方となる。
現役引退を前に、居酒屋タイムが増える所以でもあろうが、まあ楽しい。

外国為替の運用の仕方

FXと呼ばれる外国為替証拠金取引は、1998年から始まった個人向けの資産運用方法です。多くのメディアで取り上げられたり、成功している人の姿が印象づいて、日本でも大ブームを起こしています。今では、昔よりも外国為替というもの自体が身近なものになりました。昨今ささやかれている、貯蓄よりも投資という風潮も相まって、FXトレーダーの人口は続々増えています。しかし、その外国為替市場から早々と退場してしまうトレーダーが多いことも、もちろん否めません。
また、FXにはスワップ金利と呼ばれる、買っておけば毎日入る金利や、レバレッジという少ない資金でも大きな額を動かして外国為替を動かせる、独自の特徴があります。それらを生かして、外国為替市場はトレーダー達で日々賑わっています。外国為替証拠金取引も、株式と大まかな流れは一緒なので、証券会社を利用することで取引ができます。多くの証券会社があるので、それぞれの特徴をよく吟味して、自分自身のスタイルに合った会社を選ぶことが肝心です。
日本自体が低金利なので、外貨を買っておくだけで、スワップ金利が比較的大きくつきます。このスワップ金利狙いは、外国為替の為替差益を得るものではなくて、ただただ保有しておいて、その金利を手に入れるだけなので、かなり安全に利益を得ることができます。もちろん、為替差益を手に入れることが外国為替本来の醍醐味ではあるのですが、ビギナーは、前出したスワップ狙いだけでも十分に楽しめるのではないかと思います。外国為替が身近になったからこそ、安全に資産を運用したいものです。